インターネット広告公正取引協議会 概要


名称

インターネット広告公正取引協議会

英名

Internet Advertising Fair Trade Council


設立趣旨

「健全なインターネット広告環境の実現」のために、自社のウェブサイトの状況を可視化し、不正が無く、健全な状態を維持することを目指します。

広告費は消費者が支払う対価に含まれている為、広告主を保護することは消費者を保護することと同義です。

当協議会は、健全なインターネット広告環境の実現を通じて、消費者及び広告出稿主の保護を目指します。


設立の背景

電通「日本の広告費2014」によると、インターネット広告費は1 兆 519 億円、前年比 112.1%と好調に推移しています。

このうちインターネット広告の媒体費は8,245 億円(同 114.5%)、主に検索連動広告や一部のアドネットワーク等(5,106 億円、同 123.9%)によって占められています。

 

一方で、商品を買う気がないのに、Yahoo!やGoogleの検索結果で表示されるリスティング広告を何度もクリックする 不正クリックが、潜在的に大きな問題となっており、CPC広告のクリックの内、約3割が不正クリックだとする調査結果も発表されています。

 

また、ステマやネイティブアドなど、消費者には広告と認識できない広告も問題視されています。

 

広告主が、広告費を安心して投入することができるインターネット広告環境を実現しなければ、今後メディアとしてのインターネットの信頼性を揺るがす事態に陥る可能性は少なくありません。

 

当協議会では、インターネット広告に潜む問題点を指摘し、これを改善することにより、健全な広告取引の実現を目指します。


協議会が提供するサービス等

  • インターネット広告に関する様々な情報の提供(Webサイト&メルマガ)
  • インターネットに詳しい弁護士紹介サービス
  • 各種分科会の実施および運営
  • ムダクリックや不正クリック等の見える化
  • 優良広告代理店、優良メディアの表彰

正会員

当協議会に加入できる正会員は、次のような方が対象となります。

  • 広告主
  • 広告代理店
  • 広告掲載メディア
  • その他関連する企業・団体・個人等

賛助会員

当協議会に加入できる賛助会員は、次のような方が対象となります。

  • 弁護士
  • 税理士
  • 社労士
  • 司法書士  等

年間活動スケジュール

決算:6月

総会:8月 

  • 活動報告
  • 優良広告代理店、優良メディアの表彰
  • 弁護士等によるセミナー

同時開催

1月~7月 優良広告代理店、優良メディア アワード開催


インターネット広告公正取引協議会設立準備委員会