インターネット広告を始める前に読みたい記事

★インターネット広告の料金一覧|相場や媒体まとめ【2015年版】

広告の手法別に13分野に分類、料金形態や費用相場、主要媒体を紹介しているブログです。料金形態(課金方式)の種類とそれぞれの概要も解説されています。

http://markehack.jp/internet-advertising-rates/



★若手プランナーが、スマホ世代マーケティングの仕掛け方を考えてみた #01 スマホ世代の若者たちが、モノを欲しがるのってどんなとき?

電通による「買い物意識と行動に関する調査」から、スマホ世代にアプローチするための視点を解説。「わたし視点」と「なかま視点」を同時に満たせるコアバリューを見つけること、つまり、2つの視点の「重なり」の部分をつくることが必要なのだとか。

http://dentsu-ho.com/articles/3057



★リスティング広告費が以前の2倍になったら?

リスティング広告を始めたときは、月額20万円くらいだったのに、今は40万円を超えることが普通に!ある程度は成果もあるためやめられないけど、今後も下がり続けてしまった場合どうしたらいいのか?を解説します。

http://x-log.jp/casestudies/case01.html



★どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる(2015年)(最新)

経済産業省の特定サービス産業動態統計調査を元にした広告費動向をグラフ化し、従来型4マスメディア(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告とインターネット広告の動向を精査したもの。

http://www.garbagenews.net/archives/1975650.html



★ネット広告はどれだけ出せば認知や態度変容がおきるのか、計算式をVRIらが調査で確認

「どれくらいの広告量で、目標数のターゲットに認知されるのか」などが算出可能に

ビデオリサーチとビデオリサーチインタラクティブによるオンライン広告の効果測定の調査結果。レクタングル型広告に比べて大型広告・動画広告はおおむね広告認知効果が高い、ということがわかったそうです。

http://hajimeteweb.jp/news/details/150909_02.php



★いまや定番の攻撃手法に!?ネット広告を表示しただけでウイルス感染のワケ

いま、サイバー犯罪者は、ウイルスを拡散する手段の1つとして「不正広告(マルバタイジング)」を多用。この攻撃は、広告業者のシステムをハッキングしたり、実際にお金を払って不正広告を出稿したりするなどの手段を使ってサイバー犯罪者が不正広告を配信することから始まり、その後の攻撃パターンは大きく2つあるのだそうです。

http://www.is702.jp/special/1794/



★世界のネット広告収入、2017年にはテレビ広告収入を超えるとPwCが予想

年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2015-2019」では世界の広告収入総額は2019年まで4.7%の年平均成長率で拡大すると予想。モバイル広告収入は、2019年までの年平均成長率が23.1%と急増し、2018年に世界のディスプレイ広告収入を追い抜くとしています。

http://www.exchangewire.jp/2015/07/14/news-pwc-market/