実は、サイトを「見てもらえない」リスティング広告があります!

スマホの普及にともない、スマホ広告を増やしているお客様が多いと思います。

リスティング広告もマルチデバイス対応は自然な流れとなっています。


ところが、広告の中には、クリックはされたけどサイトを見てもらえないクリックがあり、スマホが広がるにつれて、じわじわと増えています。


皆さんも心当たりがあるかと思いますが、検索結果を押そうとして、上の方で画像が開いた為に位置がずれて、間違って広告にタッチしてしまう。そして、慌てて元のページに戻ることありませんか?


このミスタッチが1クリックとカウントされてしまうのです。


サイトが見られていればまだ良いのですが、多くの方は、サイトが表示される前に戻ったり閉じたりしています。


スマホでよく起こる、こんなミスタッチによる、表示されないスマホ広告が増えています。


----------------------------------

※広告をクリックして、サイトを表示する前に「戻る」や「閉じる」で

サイトを開かないアクセスを、X-logでは「グリーン接続」と呼んでいます。

----------------------------------


そして、このようなグリーン接続の件数は、X-logで知ることができます。


割合としては、通常は数パーセントあり、それでも対策を取った方がいいのですが、多いサイトでは20%を超える広告クリックがサイトを開かないグリーン接続になっています。


全体の傾向として、BtoBのサイトより、BtoCのサイトが多くなっています。

これは、スマホでのアクセスが多い為、前述のスマホの間違いクリックが多く発生する結果になっています。



不正の手段のひとつともなっていて、不正クリックの多いサイトでは、15%~20%のグリーン接続が計測されています。


5~6人に一人が、広告をクリックしてもサイトを開かないというびっくりする結果になりますが、まずは、現状の確認から始めることをお勧めします。


----------------------------------

※グリーン接続を調べる為には、「グリーンスクリプト」を

挿入する必要がありますので、詳しくはカスタマーサポートまで

お問い合わせください。

----------------------------------


グリーンスクリプトを入れることで、IPなどの情報を取得する

ことができ、それを元にYahoo!やGoogleに返金請求も可能ですので

まだ入れられていない方は、是非グリーンスクリプトの挿入をお勧めします。


こちらは、広告のランディングページだけに入れるスクリプトですので、

X-logの通常のスクリプトの様に全ページに入れていただく必要はありません。