様々なターゲティング手法のTwitter広告はじまる

Twitterは、主に中小企業や個人事業主の皆さんを対象にしたセルフサービス式のTwitter広告の提供をはじめました。

すでに何通かのメールを、Twitterから受け取っておられる方も多いのではないでしょうか。


広告主の皆さんご自身が、広告の設定や運用管理を行うことができるセルフサービス式のTwitter広告は、利用の最低金額はなく、クリックや成果ごとの課金形態で、決済はクレジットカードになっています。


Webサイトのコンバージョンやクリック、アプリのインストールを増やしたり、アプリユーザーの利用を促進する機能を強化。

フォロワーを増やすキャンペーンもあります。



また、日別予算の使い方を2種類のオプションから選択することができます。


o 標準配信: 日別予算を1日を通して均等に使う


o 集中化配信: 日別予算をできるだけ早く使い切る


初期設定では、すべてのキャンペーンは標準配信に設定されていて、必要に応じて集中化配信を選択できるようになっているようです。



「セルフサービス式のTwitter広告」を提供開始

https://blog.twitter.com/ja/2015/1118ssp



こちらでも、不正クリックが発生するのでは?と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、まだまだクリック単価が安いので、不正クリックはあまり発生していないと思います。


Facebookの広告も同様で、今のところ単価が安いので、不正クリックで困っているというご相談は受けたことがありません。


新しい広告なので、効果も未知数ですが、今がチャンスかもしれませんね。